本文へ

セレモニーアシスタント・インタビュー

RECRUIT / INTERVIEW WITH AN CEREMONY ASSISTANT

當房 麻未

セレモニーアシスタント

2013年 入社

未経験からのスタートでしたが、仕事をしてみてどうですか?

全く想像も出来ないような未知の世界で、戸惑うこともありましたが、仕事に関わるほどやりがいを感じています。
遺族の方は、深い悲しみの中で、さまざまな決定をしたり、参列者を気遣ったり…と落ち着かないものです。そんな中で、愛する人との別れを後悔の無いようにお手伝いする私たちの仕事はとても重要な仕事であると感じています。

仕事のやりがいは?

いつの間にか2年以上経ち、仕事には慣れましたが、いつも、不安と緊張感を持って現場をお手伝いさせていただいています。
無事に葬儀を終えられたときのほっとしたご家族の顔が、一番のやりがいです。

セレモニーアシスタント研修

実際に働いてみてどうでしたか?

いままで実際の葬儀に参列したことがほとんど無かったので心配しましたが、入社直後の研修では葬儀の一般的な知識からマナー教育まで徹底的に習うことができました。いまではお客様が不安を抱かずお式に臨んで頂けるよう細かな気配りもできるようになりました

後輩へのメッセージ

私自身、知識も経験も無い状態で業界に飛び込んで、先輩や会社の方を始め周りの方々に教えていただきながら今まで続けることができました。
今度は皆さんを出来る限りサポートしたいと思います。…とは言っても、私もまだまだ修行中です。お互いに高めあう仕事を目指して頑張りましょう。

セレモニーアシスタント一同


 

Exif_JPEG_PICTURE

セレモニーアシスタント
2014年入社

※ロックウェルへの入社理由は?

20代半ばから後半にかけて、親戚や友人の葬儀に参列する事が何度かあり、
又、義母が昔葬儀社に勤めていた事から長年この業界に興味を持っておりました。
前職場が閉店する事になったので、転職活動をしていた時にロックウェルと出会い
様々な葬儀業者様と関われる事と自分のペースで働く事が出来るところに魅かれ、
応募させて頂きました。

※どんな仕事をしていますか?

ご葬家、ご導師様(お坊さん)のお茶だし、式の準備、お焼香や火葬場等の
案内業務全般をやらせて頂いております。
日によって返礼業務(お香典返しの準備や配布)や
法事の配膳もやらせて頂く事があります。

※やりがい、おもしろさを感じるときは

月並みですが、全てが終わった後にご葬家に「ありがとうございました。」
というお言葉を頂けた時、葬儀社様から「助かったよ、ありがとう。」
と言って頂けた時にやりがいを感じます
又、宗派によって式の内容や歴史背景が様々だったり、葬儀ならではの専門用語があるので
出勤の度に新しい知識を得られる事がとても面白いです。

※プライベートも大切にできてる?

こちらの意向を尊重して頂けているので充実した日々を送っております。
いつもありがとうございます。

※新しく入る仲間に一言

古野と申します。吉野ではないです。
不束者ですが、どうぞよろしくお願いします。

 

セレモニーアシスタントの一日

10:00式場に直行

すでに式場の準備をしている担当者と打ち合わせを行い、式場のお掃除や椅子をきれいに並べます。受付周りの備品もセッティングします。

10:30式場へのご案内

式場のエントランスで参列者の方々をご案内。特にお年寄りの方には手を取り式場までご案内します。

葬儀セレモニーアシスタント

11:00ご葬儀

ご遺族の方々が心おきなくお式に望んで頂けるよう、ご参列いただいた方々への接客を中心に、ご焼香案内などを行う。

12:00火葬場にご同行

告別式(出棺)後は火葬場に同行しご案内する。

15:00式場に戻る

精進落としのお食事などご遺族、ご親戚様の身の回りの御世話をする。